社畜なんて御免!自由を手に入れるために

働き方

知らないうちに社畜になっている

日本人には馴染み深い社畜という言葉があります。朝の通勤ラッシュで満員電車にギュウギュウ詰めになりながら会社に生き、楽しくない仕事をする。

上司の対応にうんざりしながら、気づけば時計は21時を過ぎている。もちろんサービス残業。「でも仕方がないそういうものだ。」と思ってませんか?かなり深刻な社畜になっています。自由を手に入れるために動きませんか?

自由とはなにか?

自由とはどういう状態のことでしょうか?どうなったら自由とよべるのでしょうか?自由になるには2つの自由を手に入れて初めて本当の自由になることができます。1つ目が、経済的自由、2つ目は時間的自由です。

経済的自由と時間的自由が合わさって初めて自由となる。お金はあるけど時間がない人はたくさんいる。不動産の営業マンとかに多いです。たくさん稼いでお金に不自由することはないけど、好きなことをできる時間がない状態を自由と呼べるでしょうか?

自由とは選べることです。すべての選択肢があなたの中にあることが本当の自由です。好きなときに好きなことができる。好きな場所に行けて、好きな人と会える。この状態が本当の自由だといえます。

会社員が安心という洗脳を解く

会社員の収入とはあなたの何で得ているか?労働力?スキル?いいえ、あなたの時間です。時間を売って給料というお金をもらっています。時間を売っているので、時間的自由はありません。会社員でいる限り自由にはなれないのです。

親も先生もお金のことを知りません。知らないから教えれません。そして、時間を売る以外のお金の稼ぎ方はだめだとなります。時間を売ることが安定で安心だという概念を子どもに刷り込みます。そしてその子の子どももまた同じ洗脳を受けるのです。

何のために生まれてきたの?

会社員だと自由になることができないことがわかりました。自由は誰しもがほしいと思います。しかし、会社員をやめるということは容易いことではありません。なかなかその一歩を踏み出せないと思います。

そんな時は、私達は何のために生まれてきたのか考えてみてください。小さい頃は何かしら夢を持っていませんでしたか?「スポーツ選手」や、やりたいことが合ったのではないでしょうか。大人になるに連れて諦めてしまいます。やりたいことをして生きていく方が楽しくないでしょうか?

「そんなことを言われても、今やりたいことが分からない」という方がおられるかもしれません。でしたらこう考えてみてください「自分はサラリーマンになるために生まれてきたのか?」すると、答えはNOですよね。

やればできると信じる

小さい頃は誰しもが希望や夢に満ち溢れていたました。そしてその希望に全力で向かっていたんです。あかちゃんのころ、ハイハイしかできなかったのに歩けるようになったこと。コマ付き自転車しか乗れないのに、コマなしで乗れるようになったこと。

それらはできるようになると信じていたから成し遂げれたことなのです。コケて痛い思いをしても、何度こけても、立ち上がって進み続けてできるようになったことなのです。子供の頃に合ったできるという精神がとても大切になります。

どうせ無理という制限

「できるの精神」を忘れていませんか?子どもから成長していくと制限をかけられつづけて「どうせ無理の精神」になってしまいます。「どうせ無理だからやめておこう。」「~したいけどどうせ無理だ。」「そんなのどうせ無理だからやめておきなよ」となるのです。

なぜ子どもから大人になるとどうせ無理の精神になるのでしょうか。3つの教育によるものです。

1,親
「あれはだめこれはだめ」なんでそんなことするの。常識でしょう。大人になりなさい
2,先生
こうするものだ。〜しなさい。常識です。そういうものです。立派な社会人になれません
3,メディア
テレビや新聞のニュースは「不幸」に偏っています。スキャンダル、不倫、汚職、脱税。
不幸は視聴率が高いからですが、他の人の不幸をみて「自分はこの人よりまし」と安心しているんですね。

これらの教育があなたの知らないうちにどうせできないの精神を植え付け、制限をかけているのです。

制限をはずす

自由な生き方をしている人たちを見て、その環境に飛び込むことで制限を外せます。小さい頃自分にできないことがあっても、他の子ができている様子を見て練習には励んだり、自分もできるような気になったことはないでしょうか?それと同じで、実際に体感することでできるような気になり、挑戦してみようという気になります。

気づいて行動する

人生をかえる3Kという言葉を知っていますか?気づく、決める、行動するの3つです。人が変わる時に必ず必要になることです。

気づくとは、「このままではだめ、一生自由になれない」と気づくことです。何事も気づかないと始まりません。

気づいたら決める。「このままではだめだ、なにか行動しよう。」「~を始めよう」と決める必要があります。

最後に決めたことを行う。行動にうつす必要があります。気づいて、何をするか決めて、行動することが自由を手に入れる第一歩になります。

決めても行動できない、3日坊主だという人はどうしたらいいでしょうか。なぜ行動できないかとうと、決めたことに対して関心が薄いからです。無理やり決めたことなんですね。

対策は、紙に書いてよく見る位置に貼ります。そして、毎日声に出して読むことです。決めたことを頭に刷り込ませる作業をすることをおすすめします。そしてやめてもまた始めることです。何度でもはじめなおせば良いのです。

自由を手に入れたいな常に行動する

誰しもが小さい頃は夢を持ち、挑戦し続けていました。人間は必ず挑戦することができる生き物です。まずは今の自信の現状を見つめ直し、何をするか決めて行動に移しましょう!

とはいえ、何をしたらいいかわからない、やりたいことがわからない方もおられると思うので、やりたいことを見つける方法の記事を執筆中です。でき次第リンクを貼ります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました