行動力がない人でも行動できる!行動力をつける8つの方法

変わりたい人、成功したい人のマインド

行動できなくて悩んでいるときってありますよね。 行動を起こすことは正直めんどくさいですし、大変です。しかし行動しないと何も始まらないのも事実です。今回は、行動したいけど行動に移せないあなたに行動力をつける為の方法を8つ紹介します。あなたの将来は今の行動によって変えることができます!行動力を鍛えて楽しい未来を目指しましょう。

行動することの重要性

行動することってめんどうだし意味がないかもしれないし、行動する意味あるの?って思ってしまいませんか。

フランスのことわざにこんな言葉があります。「卵を割らないとオムレツは作れない」卵を割るという行動を起こさないと、オムレツを作るという結果は得られないということです。

結果を求めるなら行動は必要不可欠です。しかし行動できない人はたくさんいます。それは失敗が怖かったり、行動しても何も変わらないかもという考えから行動できずにいるのです。

私も会社員の時に行動できずに何も変わらない毎日を過ごしていました。ある日このままではだめだと行動に移すことができ、今は人生で一番楽しいです。行動することは素晴らしいことです。

行動力をつける8つの方法

行動力をつけるための方法を8つ紹介します。一気に全てを意識しようとしなくていいです。一つずつ意識して行動できるようになりましょう。

挑戦する

人が成長するのはどんな時でしょうか?それは何かに挑戦したときです。どんな挑戦でもかまいません。起業をするといった大きく見える挑戦や、朝早く起きるという小さな挑戦でもいいのです。

跳び箱で6段つんである跳び箱を飛べるようになりたいと思ったときに、いくら飛び方を考えても意味がありません。実際に跳んで練習しないといけないですよね。挑戦することは行動することであり、挑戦することで行動力を高めることが出来ます。

挑戦に失敗はつきものですが、失敗からは多くのことを学べます。挑戦することは成長することなのです。挑戦することで得られる成長を実感することで、行動力がぐんぐん高まるのです。

10秒以内に動く

行動力をあげるためにはすぐ動く必要があります。行動しようと思ったけど、「その前にあれをしないと」「準備をまずしないと」と思ったことはありませんか?実は人は行動を決意した次の瞬間から、できない理由を探してしまう生き物なのです。

でも~しないといけない。失敗したらどうしよう。あとからでもいいのはないか。考えたらキリがないやらなくていい理由を次々と探してストップをかけてしまいます。

豊臣秀吉の話をご存知でしょうか?オリラジのあっちゃんこと中田敦彦のyoutube大学でも豊臣秀吉のことについて触れられていました。スピードとコミュニケーションの豊臣秀吉と言われてましたね。

豊臣秀吉は遠征先で戦中に、城で織田信長がやられたことを聞きます。その情報を聞いた瞬間に、今の戦を中断してすぐに城に戻り仇をうったことで跡継ぎ争いで優位に立ちました。すぐに動いたからこその結果なのです。

思いったたらすぐに行動しましょう。具体的には人は10秒立つと行動しなくていい理由を思いつくと言われています。しかし行動を始めたら不思議と集中して続けれます。やることを決めたら10秒以内に行動に移しましょう。

迷った時は動く

行動したいけど迷ってしまう時ってよくあります。なぜ迷うのでしょうか。それは失敗を恐れうまく行かなかったときのことを考えてしまうからです。100%納得してからじゃないと動けないと考えてしまうのです。

しかし、迷ってしまうと結局行動しない可能性が高いです。「やった後悔よりも、やらなかった後悔のほうが大きい」という言葉を聞いたことはありませんか?

好きな人に告白したいけど、振られて今の関係が終わってしまうのを恐れて、告白しなかった。結局付き合うことはなく卒業して会わなくなってしまった。ドラマのような展開に思えるかもしれませんが、私は高校の頃に実際にこの思いを経験しました。

やらなかった後悔は一生残ります。迷ったら行動することは行動力を身につけるためだけでなく、人生で後悔しないためにも大切なことです。

具体的には、やってみたいという気持ちが半分あれば行動しましょう。半分不安でも良いのです。行動しながら軌道修正できるので思い切って行動に移しましょう。

誘われたら動く

友人に「婚活パーティー行こうよ」とか、「異業種交流回行こうよ」なんて誘われたけど迷って断ったことありませんか?誘われた時は行動のチャンスです。日本人にとって一番行動しやすい場面が誘われた瞬間です。

交流会に誘われたなら行ってみましょう。もしかしたら運命の出会いがあるかもしれません。運命の出会いとは、親友であったり恋人であったり。起業するきっかけとなるようなビジネスとの出会いだったり。様々な出会いや発見は行動によってあなたのもとへやってくるのです。

真似をしてみる

行動したいけどどうしたらいいかわからないことって多々あります。そんな時は、誰かの真似をしてみるといいです。例えば仕事ができるようになりたいと思っているのなら、仕事ができる先輩や同僚などの真似をするのです。

見た目や、仕草、行動など真似できるものを真似します。そうしていくうちに何か気づくことがあるはずです。行動しない限り前に進めません。できている人の真似をすることは何かを掴むきっかけになります。思い切って真似してみましょう。

段階的に動く

行動しようにも目的が遠すぎて諦めてしまうことがあります。例えば、「脱サラして年収1億円になりたい。けどどうしたらいいかわからない」といった具合です。脱サラして1億円という目的までの道のりが遠すぎて実感が掴めていないため、行動できない状態です。

こういった場合は小さな目標を立てていきましょう。小さな成功を積み重ねて、自身と経験を積み最終的な目的を達成します。

脱サラして1億円稼ぐなら、まずは脱サラして年収400万円の事業を考える。実際に400万円達成する。次は1000万円。3000万円と段々と目的に近づけていく必要があります。

目的と目標という言葉があります。目的を達成するための通過点が目標です。目標を細分化して自分が踏み出せる小さな目標をたくさん作り、小さな一歩で行動を起こすことが大切です。

行動を継続する

行動したけど結果が出ずにやめてしまうことがあります。行動したら次にそれを継続しないといけません。成功者はこれだと思ったことを行動に移し、続けたからこそ成功したのです。

ダイエットをしようとしたら、運動をしないといけません。しかし、1週間ほどで効果はでません。継続して運動を行わないと意味がないのです。何事でも一緒で継続は力なりです。あれもこれも欲張る必要はありません。何か一つだけは続けてください。

他人のために動く

自分のやりたいことをするのは大切です。素敵なことです。しかし他人のために動くこともまた大切です。

お金が集まるのは人の集まるところです。人が集まるのは価値があるところ。他人のためになることをしていればおのずと人が集まります。自分のためだけに行動していてもそれは社会から必要とされていなければ成功には繋がりません。

他人のためというと難しいことのように聞こえます。なんでも良いのです。他人がおもしろいと思えばその行動には価値が生まれます。助かると思えば価値が生まれます。他人のために動くという癖をつけることは成功への一歩になります。

行動を継続して未来を変えよう

人間は変わることを嫌う生き物です。変わることを拒む思考が備わっているのです。だからこそ行動をしようと思ってもなかなか行動できません。

しかし、行動しないと現状を変えることはできません。行動することでより楽しい人生を送れるのだと思います。そのためにもまずは行動することを意識して生活してみてください。

やってみたかったことが何個ありませんか?それをこの記事ご紹介した方法を意識して行動に移しましょう!私はブログを始めて今とても楽しいです。ぜひ何か一つ行動してみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました